FC2ブログ

記事一覧

塗替えのお見積り!

お疲れ様です。

今日は最高気温1℃となり、裏路地以外の道路状態は良かったですね(^-^)
例年では1月にもなれば雪降り積もってきて道路状態も良くないんですが、
仕事中でも普段でも、アスファルトが出ている方がやっぱり安心ですよね~。



さて、今日は先週からの予定通りに、入舟の方へ行き塗替え工事のお見積りを行いました!

まだご契約となっている案件ではないので建物外観の現状写真は載せませんが、
築13年前後のオシャレな二世帯住宅で、今回が初塗装工事となるお家になります。


で、今年から従業員が1名入ってくれましたので、去年まで1人で大変だったお見積りもスムーズに(^-^)
サッシ関係であれば単独で測ってもらえるため記述も手早くできますし、
実際に現場作業を一緒にやっていくわけですから、各部の状態確認も一緒の方が理に適ってますよね。

そんな訳で…あちこち状態確認しながら事細かに計測していくという当店の見積り手順では、
1人でやればそこそこ時間もかかってしまうし、梯子使って屋根など上がっていく時は少々危険でした。
そういった点でも基本2人で行っていくのが凄く助かるし、ミスも防げて楽になりますね~。
今回もこれまでより的確に、スムーズに、落ち着いて作業する事ができました!



さて、建物や大げさな写真はまだまだ載せられないと言いましたけども、
皆さんにとっても判断材料の一つになるかと思うので、屋根雪止金具の現状だけ載せてみます。


<雪止金具 現状>
お見積り 雪止現状1

お見積り 雪止現状2


とりあえず現状ではこのような状態になっています。
築13年(約)という事で、建物自体としても新築である以上塗替え工事実施期限となりますが、
パッと見では外壁の大きな損傷もないですし、下からは見えないですが屋根も特別劣化進行もありません。

もちろん屋根に関しては元々の表層自体は傷んで色褪せていますし、
このまま放置していけば3~5年間隔で劣化が進行していきサビも出てくる状態です。(海近いので尚更)
なので塗装して良好な状態維持していくのは誰もが考えている事だと思いますが…
皆さん気にしてない方も多いかもしれませんが、雪止金具の方はどうでしょうか?


写真でわかる通り、氷雪を抑えてダメージ受けている以上、屋根材に比べ劣化速度が速いですね。
表面の粉体塗装もあちこち剥がれていますし、ボルト・ナットも明らかにサビが強くなっています!
これが進行すると金具自体にサビが広がっていきますし、取り付け部の屋根材もサビが大きく進行します。

今回の状態程度であれば、キッチリとサビ落とし→下処理→下塗→上塗…と施工していけばまだまだ持ちますが、
それは一度取り外してから裏表全面きちんと処理していく事が前提となります。
取り外す事により屋根自体も適正な施工ができるので、ハッキリ言えば最初に取り外す事が当たり前となります。
雪止金具の取付部は傷み・劣化進行が早いため、取り外し→施工→取り付けが必要な手順です!


当店では特別な事情がない限りは、最初に雪止金具は全て取り外して、施工後最後に取り付けています。
場合によってはダメになっている理由と個数をお伝えして、新規交換にしていく事もありました。

でも、これをやらない所も少なからずあるようですが、それはお客様優先のやり方ではありませんよね?

工事する側からすれば、わからないような面倒な事や細かな事はやらない方が得なのはわかります。
その分作業が早く進んでいくので次の現場始められるし、所要時間が減れば塵積もで人件費減りますし。
でもそれじゃあきちんと長く持つ事になりませんし、安くない高額な工事する以上は可能な限り最善を尽くすべき!
そんな訳で、依頼時には屋根や外壁に付随する細かい所まで事細かに聞いてみた方が良いと思います。



…いや~話が長くなってしまいましたが、お客様が喜んで満足し、自分も満足して達成感を持つ。
そういった形でお互いに納得できる施工を今後も心掛けて取り組んでいきたいと思っています!
今年から入ってくれた新人さんにも、そういった心意気を持って仕事してもらえるよう教えていきますね(^-^)
そうする事で長期的なスパンで考えた時に、末永くお客様に満足してもらえる塗装店に少しでもなれるでしょうし。



それでは~(・Д・)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村


※粉体塗装
  静電粉体塗装法(吹付塗装)や流動浸漬法(浸漬塗装)の方法によって行う工業塗装方法で、
  有機溶剤や水などの溶媒を用いない固形粉末状の粉体塗料を使用して塗装していく。
  強度が高く、耐候性・耐食性に優れていて、省資源のため環境にも優しい塗装方法。
  反面、現場施工には特に不向きで、吹付塗装の場合は吹付技術と共に粉体塗料の知識も必要。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林塗装

Author:小林塗装
ようこそ!
塗装の仕事やそれ以外の仕事
たまにプライベートな事も書きます。
仕事のご依頼はHPの「お問い合わせ」から
電話orフォームでお問い合わせ頂けます。
どんな事でもお気軽にお声かけ下さい!
――――――――――――――――――
↓フォーム上での無料お見積り可能です↓
お見積
↓LINE@公式アカウントです!↓
友だち追加
↓にほんブログ村に参加しています♪↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村