FC2ブログ

記事一覧

若竹町 雪留金具取付、シッケンズ サンプル塗り

お疲れ様です!

本日は予定通り現場行ったり明日の用意をしたりやっていました。
時折風が吹いていて中々寒かったですけど、2019年の初現場作業も無事完了です!!


午前中は明日弟子屈Y様宅に持って行く書類や見本帳の準備などをやっていき、
その後は丸太(切り株)で地固めタコ制作を~と考えていましたが…
よく考えたら柄がないので、使える柄を買ってくるまで作れませんでした!笑

樹皮自体は数年前手に入れた時に暇見て剥いでいるので問題なし。
柄取付部分を多少加工しておけば、柄の用意でき次第作る事ができます。
そんな訳で一旦制作は延期にして陽の当たるところに移動し置いときました~。



そして昼頃に材料屋さんが注文していた物を届けてくれたので、
改めて挨拶し、現状依頼入っている案件に関して打ち合わせ。
まだ体調戻っていないようなので軽めに話をして今日はお終いに!


その後に雪留金具や使う道具や梯子積み込んで、早速若竹町M様宅へ(^∇^)

昨日の時点で電話連絡はしていましたが、再度お宅に伺って挨拶してから
裏手奥にある所有アパートに道具など運んで作業開始です。

<若竹町M様所有アパート 屋根上現状>
若竹町M様所有アパート 現状1

若竹町M様所有アパート 現状2

2年前の6月に屋根塗装した訳ですが、屋根トタンの状態も元々悪かったですからねぇ…
そして当時やった時は住宅とアパート2件一緒に塗装しましたから、
色々な内容に伴う予算の関係上、屋根上塗りは1回塗りにしたので少し汚れ目立つなぁ(゚д゚)

この頃に屋根塗装した他のお宅では、打ち合わせして2回塗りにしていましたので、
現在でも艶状態や塗膜の持ちは劣化していません。汚れに関しては仕方ないですけどね。

ここも屋根がサビ酷くなっている~とか、塗膜が劣化し剥がれてる~という事はないですよ!!
フラット屋根に近く屋根勾配低いので雪やゴミが溜まってしまう事は仕方ないところ。
ハゼ全面や掴み部分に打ったコーキングは充分保っている状態なので、雨漏りは今も収まっているようです。


それでは雪留金具取付の内容です。
まずは使用した雪留金具の写真からどうぞ!

<使用材料>
若竹町M様所有アパート 使用材料1

若竹町M様所有アパート 使用材料2

若竹町M様所有アパート 使用材料3

若竹町M様所有アパート 使用材料4

縦葺き用のハイブリッド型の雪留金具を使用しました!
耐候性耐腐食性が高く、板状も真っ直ぐな物よりも雪や氷を抑え易いタイプ。
この屋根はノアールで塗っているので、雪留金具の色は黒で注文しています。

また、取り付ける前にハゼ状態を確認し、劣化してきている箇所や天板の状態悪かった箇所、
もしくはハゼが丸み帯びていて雪留取付でハゼ損傷する可能性のある箇所には
持ってきたトタンコーナーを切って加工してから被せて、その上に雪留を取付ました。

<ハゼ等の補強>
若竹町M様所有アパート 劣化部補強1

若竹町M様所有アパート 劣化部補強2

若竹町M様所有アパート 雪留金具取付


<雪留金具 取付完了>
若竹町M様所有アパート 取付完了1

若竹町M様所有アパート 取付完了2

屋根の雨落ち側は横葺きトタンですが、今回は縦葺きにしか取り付けていません。
理由としては全面横葺きならまだしも、この箇所だけではトタン自体の劣化損傷に繋がりますし、
屋根勾配もあまりないし下地も傷んでいるので、溜まりに溜まると凹みや破損が考えられるからです。


完了して最後にお話しをいていると、住宅の2階貸屋部分の玄関ドア取替や、
内部床直しやクロス貼り替えなど色々と今後依頼したいと言ってくださいました!!
全てを自分1人で行える訳ではないですが、協力業者さんと連携すれば可能なのでお伝えし、
差し当たって春にまた来て、住宅外壁のクラックを補修する事を約束し今日は失礼しました。




さて、事務所に帰ってからは、同じく今日届けてくれたシッケンズサンプルを確認!
塗り具合確認のため、手持ちの木材に試し塗りをしてみましたよ~ヽ(´∀`)ノ

<シッケンズ サンプル塗料>
シッケンズ サンプル塗料1

今回譲ってもらったのは、ちょうど弟子屈Y様宅で使おうと考えている種類の物。
施工手順としては、右手セトールで下塗り後に左手フィルターで上塗りするか、
右手セトールのみで仕上げていくかのようです。色艶にもよるので要相談!ですね。

でもこのシッケンズ、木材保護着色ステイン塗料のジャンル内で考えても、
僕が知っている物よりワンランク上の仕上がり感がありますね!!
聞いたり調べて知った性能的に見ても、ガードラック系統などより優れています。

野晒しで放置されていた木材に下処理もしないで塗っても見栄えも違いますし、
これはきちんと正式な施工をするなら充分オススメできるだけの塗料じゃないかな。
場合によっては仕上がりや品質がツーランク上になる可能性もありそうです。


<シッケンズ サンプル下塗>
※針葉樹合板の端材に下処理なしで塗布
シッケンズ サンプル下塗り1

※上塗するために屋内でヒートガンによる早期乾燥
シッケンズ サンプル下塗り2

※乾燥後の下塗状態(セトールのみでは乾燥後の艶は低い模様)
シッケンズ サンプル下塗り3


<シッケンズ サンプル上塗>
※手前から見た上半分のみ上塗実施(手前側は下塗だけ)
シッケンズ サンプル上塗り1

※下塗と同様にヒートガンで乾燥後
シッケンズ サンプル上塗り2

上塗り側は乾燥後も艶あるので、フィルターの方はそういった仕上がり具合みたいですね。
まぁそういった事に関してはカタログにも書いてあったので知った知識としてはありましたし、
去年12月頭にY様宅にお見積り行った際に現状も見ていますからね。
多少の認識や把握はありましたが、実際に自分で塗ってみるとより的確にわかります。

以前塗った時は上塗のみだったらしいですが、現状では塗膜浮きや剥がれがあったので、
今回の塗替え工事では適した下処理後に下塗+上塗で保護力と塗膜強度を上げていきたいです!
新規時とは違って経年劣化や破損部による木材内部のダメージもあるでしょうから、
より手間はかかりますが充分な状態を保持していくためにも必要な感じに考えています。


あとこんお針葉樹端材では実際のログハウスとはイメージ違い過ぎますので、
地固めタコ制作のため用意していたが中断して置いていた切り株丸太にも塗ってみました!笑

<シッケンズ 丸太に下塗塗布>
シッケンズ 切り株丸太 下塗りのみ1

シッケンズ 切り株丸太 下塗りのみ2

シッケンズ 切り株丸太 下塗りのみ3

こんな数年前に手に入れた時に樹皮も剥いでいて
それ以来ずっと外部に野晒しで置いていた劣化している丸太でも、
充分な下処理もなにもしないでセトールで下塗しただけで良く見えます(;゜0゜)笑

丸太・針葉樹どちらにしても上手く浸透しているみたいだし、
木目なども潰れず色合いも程良くギャップついていますし、
傷んだ表面もしっかり保護しているのは見て取れます。
ここまで有用な塗料だとは思っていなかったので驚きです!
ガードラック系統ではこんな状態にはできませんからね~(゚д゚)


最後に、ご存知ない方にもイメージしやすいよう
シッケンズホームページ内にある施工例写真から、見本,サンプルとして転載。
メーカーから依頼あれば削除しますのでご了承下さい。

<メーカー施工例見本 シッケンズデッキ>
セトールデッキ見本例
 (シッケンズホームページより転載。)

今回とは使用品も違いますし、景観含めて目的も違いあるでしょうが、
こんな風の仕上がり感ある塗料ですよ~という見本として見て下さい。



いや~こうやってなんとか準備もできましたし、
明日は約束通りY様宅にお伺いして各種打ち合わせを行おうと思います!!

今日は無事に2019年初現場もこなすことができたので縁起良いですね!
昨年は重大な事故で生死彷徨い、あげく再起不能かどうかの瀬戸際までいきましたが…
今年はもう想いも改まっていますし、働き方・安全対策も万全にいくよう考えも変わりました。
その気持ちをずっと忘れずに日々頑張っていこうと思います!!


それではまた(^-^)/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林塗装

Author:小林塗装
ようこそ!
塗装の仕事やそれ以外の仕事
たまにプライベートな事も書きます。
仕事のご依頼はHPの「お問い合わせ」から
電話orフォームでお問い合わせ頂けます。
どんな事でもお気軽にお声かけ下さい!
――――――――――――――――――
↓フォーム上での無料お見積り可能です↓
お見積
↓LINE@公式アカウントです!↓
友だち追加
↓にほんブログ村に参加しています♪↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村